2021年 1月 17日 (日)

NHK職員わいせつ映像表示 動画投稿サイトにアップで発覚

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   不祥事が続くNHKだが、今度は番組技術展の現場で、職員の私物PCに「わいせつ映像」が表示されてしまった。問題が発覚するきっかけは、来場者が「放映現場」の動画を撮影し、動画投稿サイトで公開したこと。動画には、来場者から映像について指摘され、PCの持ち主とは別の職員が「これは何だろうなー。分かんない」などとうろたえる様子が映し出されている。

「ユーチューブ」にアップされ、「ニコニコ動画」にも転載

問題のPCは、展示会場の机の上に置かれていた
問題のPCは、展示会場の机の上に置かれていた

   「珍事」が発生したのは、2008年2月11日の午後。東京・渋谷にあるNHK放送センターの正面玄関で開かれていた「第37回番組技術展」の会場で、展示コーナーの机の上に置いてあったノートPCに入っていたDVDが再生され、わいせつ映像が約1~2分流れた。NHKは2月18日になってこの問題を発表し、PCの持ち主である放送技術局 チーフ・エンジニアの男性職員(55)を同日付で5日間の出勤停止処分にした。

    異例なのが、この問題が発覚した経緯だ。NHK広報局広報部の説明によると、

「14日に、現場の様子を映した動画がインターネットに投稿されていることを把握した」

のだという。どのサイトに投稿されたのかについては、

「複数に投稿されている可能性もあり、『誰が、いつ、どこに投稿されたか』をNHKとして特定することはできない」

として明らかにしていないが、J-CASTニュースで調べた限りでは、この動画は13日夜に「ユーチューブ」にアップロードされ、14日には「ニコニコ動画」にも転載されている(当初アップロードされた動画は、遅くとも19日早朝の段階では「規約違反」として削除されている)。

   動画の長さは約2分で、来場者と見られる人物が、展示会場の様子を収めている。前半1分間では、展示ブースに大型テレビが設置されていることや、テーブルの上に小型ビデオカメラやノートPCが置いてある様子が確認できる。PCの画面には、上半身が裸に見える女性の姿が映っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中