2019年 9月 21日 (土)

「せんとくん」と市民選出キャラ ライバル「共演」の可能性浮上

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   何かにつけて話題を呼んだ奈良県・平城遷都1300年祭のマスコットキャラクターの「せんとくん」。今度は市民がこれとは別に独自にキャラクターの公募をはじめ、すでに3万を超える投票が寄せられている。「せんとくん」にとってみれば、強力なライバルが登場することになるが、ここへ来て「共演」の可能性も浮上してきた。

619作品のうち30作品を最終候補として選出

「せんとくん」もきっと「市民選出キャラ」と仲良くなりたいはず?
「せんとくん」もきっと「市民選出キャラ」と仲良くなりたいはず?

   奈良在住のデザイナーが結成した団体「クリエイターズ会議・大和」が公開した平城遷都1300年祭の独自キャラクター候補30作品に、2008年5月21日午後時点で、3万4000件を超える投票が寄せられていることがわかった。

   「かわいくない」「仏を侮辱している」との批判もあった「せんとくん」に対し、「キャラクターは市民に親しみをもたれることが第一の役割」との考えから、「せんとくん」とは別にキャラクターを公募した。寄せられた619作品のなかから30作品を最終候補として選出し、インターネットや商店街で5月19日から投票を受け付けている。5月31日の最終選考で会員投票も加えて最終決定し、6月2日には独自の1300年祭キャラクターが発表される。

   「クリエイターズ会議・大和」の田中功事務局長はJ-CASTニュースに対し、

「県の平城遷都1300年祭事業については不明瞭な事柄があったし、せんとくんも、(デザインが)いつの間にか決められていた。せんとくんの容姿についても様々な意見がありましたよね。やっぱり、1300年祭は自分たちがやりたいお祭りだし、キャラクターも自分らで決めたいという気持ちが奈良の人たちにはあると思ったんです」

と独自キャラクター選出の理由を説明する。また、候補の30作品についても「クオリティはかなり高い」と自信を見せている。

   独自キャラクターの投票には、奈良市中心部の8商店街が加盟している奈良市中心市街地活性化研究会も協力。三条通りショッピングモールの新堂順規理事長も「ポスターをつくってアピールしている」と話しており、全面的に支援する考えだ。

   「せんとくん」にとっては強力なライバルが登場したかたちになるが、それでも「せんとくん」を支持する声もある。08年5月21日放送の日本テレビ系情報番組「スッキリ!!」では、テリー伊藤さんが「僕からみるとこの30作品が出たことによって、せんとくんの凄さが余計に際立っちゃったんだよね」と「せんとくん」のクオリティの高さを評価しており、意見が分かれるところだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中