2019年 7月 24日 (水)

竹島めぐる不穏な様相 「日韓軍事衝突検証」を朝鮮日報掲載

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

「日本の東京に向けた核ミサイルを早く配備しないと」

   7月26日にこの記事が掲載されてからというもの、コメント欄には、「独島防衛の最善の方策は韓米同盟を強化するしかない」「日本右派(政府)が日本国民を欺かないようにすることが最優先」といった意見のほかに、

「南北統一核武装だ」
「日本の東京に向けた核ミサイルを早く配備しないと」
「(韓国の軍事力が劣勢だと)前もって断定してはいけない!李舜臣将軍を見ろよ!どんなに争ったことか」

などといった過激な論調が目立っている。ちなみに李舜臣とは豊臣秀吉の侵攻軍を破った韓国史の英雄的人物だ。

   竹島をめぐっては、学習指導要領の解説書に竹島問題が明記され、韓国側が強硬に反発。与党ハンナラ党の許泰烈最高委員が、竹島問題に関して、「独島(竹島)が韓国の領土と主張するより、対馬も韓国の領土と主張するのが効果的な対応方法だ」などと述べたほか、韓国政府と与党ハンナラ党が7月20日に竹島の有人化を推進する方針を決めるなど、「暴走ぶり」が目立ってきている。7月26日の文化日報によれば、与野党議員50人が提出した「対馬が韓国の領土であることの確認と返還要求に関する決議案」に対して、世論調査で韓国国民の約50%が賛成しているという結果まで出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中