2018年 5月 26日 (土)

iPhone初の大口契約 コンサル企業が1000台導入

印刷

   ソフトバンクモバイルは2008年10月6日、ビジネスコンサルティング大手のベリングポイントがアップル社製携帯電話「iPhone(アイフォーン) 3G」を業務用として1000台導入すると発表した。ベリングポイントは、コンサルタントの多くが顧客企業に常駐することから、いつでもどこでもPC並みの環境を確保する「iPhone」を採用したという。

   「iPhone」は国内で08年7月に発売されてから個人向けの販売がほぼ一巡したと見られ、ソフトバンクが法人販売を伸ばせるかが、「iPhone」の今後のカギとなりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中