2018年 7月 20日 (金)

レクサス13年ぶり前年割れ確実 米市場を金融危機が直撃

印刷

   レクサスの世界販売が13年ぶりに前年割れとなることが確実になった。主力の米国市場では、金融危機が直撃して、2008年9月の販売が前年同月比で30%以上割り込んだ。レクサスを含むトヨタ車の販売についても「過去50年で最悪」といわれる事態にもなっている。

9月の販売実績は33%減

金融危機の影響で米市場でレクサスが不振
金融危機の影響で米市場でレクサスが不振

   レクサスの世界販売が、日米貿易摩擦で輸出を規制した1995年以来、13年ぶりに前年割れになることが濃厚になった。08年1~8月のレクサスの世界販売台数は、前年比9%減の31万4000台。トヨタ自動車は、07年の販売台数の51万8000台に近い台数を販売する計画だったが、主力の米国市場は大不振に陥っており、08年はそれを大きく下回ることになりそうだ。

   米トヨタ自動車販売が2008年10月1日に発表した08年9月の販売実績によれば、トヨタ車の販売台数は前年同期比32%減の約14万4000台。レクサス車では、前年同期比33%減の約1万6000台だった。

   この販売実績について、米「Automotive News」はレクサスを含むトヨタは「過去50年で最悪の売れ行き」と表現。米トヨタ幹部の「高級車の顧客は、金融危機のニュースに顕著に影響されるようだ」というコメントを紹介し、富裕層を中心に、自動車販売が低迷している状況を紹介している。米市場はレクサス車世界販売の6割程度を占めており、これが大きな不振に陥っていることで、08年の前年割れは避けられない状況になってきた。

国内工場での減産を各紙が報道

   さらに、国内でもレクサス車は不振だ。日本自動車販売連合会の発表によれば、08年8月のレクサスの販売台数は44.4%減、9月は23.6%減と減少傾向に歯止めがかかっていない。これも不況が影を落としているものとみられる。さらに、レクサスを生産している田原工場(愛知県田原市)などの国内工場での減産が各紙の報道で指摘されるなど、前年を上回る需要の低下はもはや明瞭な状況になってきている。

   トヨタ自動車広報部はJ-CASTニュースに対し、「生産計画は公表していない」と述べて、田原工場での「減産」については明言を避けているが、13年ぶりの前年割れが確実になっている情勢については、

「独自のプレミアムブランドの地位を確立し、高級車のなかでは国内でシェアを確実に取れていると考えている」

と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中