2019年 8月 25日 (日)

「カタログ」から「ネット」にシフト 通販大手「アイフォーン」も活用 

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   長年、カタログ中心にやってきた大手通販会社も、最近はネット経由の売上げが増え、ここを柱にしようとしている。それでもまだ、カタログをみてネットで注文というところが多いが、競争が激しさを増すなか、カタログを持たないネット通販も出てきた。

千趣会、カタログを持たないネット通販も検討

   通販カタログ「ベルメゾン」を展開する千趣会は、米アップルの携帯電話「iPhone(アイフォーン)」を活用した通販を2009年7月1日にスタートした。

   「ベルメゾン」カタログ(40ページ程度)を無料でダウンロードでき、タッチパネル操作でページをめくったり拡大したりできる。新規客を取り込むのが狙いだ。アパレル会社ベイクルーズもアイフォーンでカタログのダウンロードを5月に始めたが、大手通販会社では初めての試みだという。

   千趣会はカタログと連動したネット通販「ベルメゾンネット」にも力を入れていて、08年度のネット売上げは663億4200万円で、07年に比べておよそ40億円伸びた。09年度は720億円、2010年度は900億円を目指す。

   また、同社は09年7月1日付で組織変更し、「EC事業開発部」を新設した。EC事業開発部では従来のベルメゾンネットとは異なるEC事業を展開する。

   ベルメゾンネットは紙のカタログと連動することで、カタログを見ながらネットで注文できるといった強みがある。その反面、連動させなければならないので、制限も出てくる。 中山茂EC事業開発部部長は、

「新規EC事業ではカタログがいらないネット通販も検討しています」

と明かす。

   例えばスーパーマーケットのタイムセールのように、時間帯によって価格を変えたり、たくさんの人が購入するほど値段が下がる「ギャザリング」の導入、さらにオークションのような形態もあり得るそうだ。ただし、他社がやっていない試みをする、というのが条件だ。詳細はこれから詰めていき、2010年春のスタートを目指す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中