2019年 12月 16日 (月)

ゆうパックとペリカン便の宅配統合 遅れに遅れている理由

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   日本郵政グループの郵便事業会社子会社「JPエクスプレス(JPEX)」に、郵便事業会社と日本通運の宅配便事業を統合する計画で、2009年10月1日予定の完全統合がずれ込む可能性が高まっている。郵便事業会社は7月末、この統合計画部分を見直した09年度事業計画の修正を総務省に申請したが、総務省は慎重な姿勢を示しており、認可のハードルは高い。

鳩山邦夫総務相が問題視し、計画に「待った」

   日通の「ペリカン便」と郵便事業会社の「ゆうパック」はいずれも赤字事業。業界1、2位のヤマト運輸と佐川急便とは大幅なシェアの差がある。3、4位で手を組み、スケールメリットで収益を改善しようという狙いで、2社が共同出資して08年6月にJPEXを設立した。

   そもそも統合は2009年4月のはずだったが、10月に延期され、ペリカン便のみが4月にJPEXに移った。統合計画の具体性が乏しいとして総務省が「待った」をかけたためだ。中でも総務省が、いや当時の鳩山邦夫総務相が問題視していたのが、地方での集配体制だ。

   JPEXは過疎地の集配を親会社の郵便事業会社や郵便局会社に委託する。この委託料が安ければJPEXにとっては有利だが、委託先2社にとっては、非効率なエリアを低額で任されることになる。「いいところどりにならないように」。くぎを刺した鳩山氏は09年4月、09年度事業計画を条件付き認可にとどめていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中