2019年 8月 23日 (金)

ステロイド入り化粧品 ネット口コミだましの手口

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   警視庁が摘発したステロイド入りの化粧品は、販売元の社員がサクラになってアトピー患者の情報交換サイトにウソを書き込んでいた。その口コミの手口が、被害を拡大したらしい。

情報交換サイトに、患者らを装いだまし文句

ステロイド入りの化粧クリーム
ステロイド入りの化粧クリーム
「このクリームでアトピーが完治しました!」
「かゆみも赤みも引いたんですよ」
「友だちが使って治った。うちの子どもも治りました」

   化粧品を販売した東京・新宿区の会社「ラバンナ」の社員らは、警視庁の調べによると、ネット上の情報交換サイトに、患者らを装って、こんなだまし文句を大量に書き込んでいた。

   社員らを指示したとされるのが、ラバンナ実質経営者の南原貴裕容疑者(29)ら同社幹部5人だ。調べによると、南原容疑者らは08年5月20日から同7月9日にかけて、ステロイドを含む化粧クリーム「NOATO(ノーアト)クリーム」をアトピー患者の男女8人に計10個、6万3000円分を販売した疑い。ステロイドは化粧品には使えない医薬品成分で、5人は09年8月19日、薬事法違反(無許可販売)の疑いで逮捕されている。南原容疑者らは、「ステロイドが含まれることは知らなかった」と容疑を否認しているという。

   患者らの関心を引いたとみられるのが、巧みな宣伝文句だ。同社ホームページ上で、事実を偽って、「ステロイドは一切含まれません」「天然成分100%」「赤ちゃんにも使えます」などとうたった。そして、社員らが時には乳児の母親などになりすましながら、前出のようなネット上の工作活動を繰り返したわけだ。

   口コミが広がった結果、新聞各紙によると、このクリームは実際には、08年2~7月に、通販サイトや仕入れ業者を通じて、約2万個もが販売されたとみられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中