2019年 12月 5日 (木)

オバマ大統領アジア政策演説 「日本との関係」「拉致」「小浜市」に大拍手

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   日米関係の冷え込みが指摘されるなか、初来日したオバマ大統領は2009年11月14日、東京・赤坂のサントリーホールでアジア政策に関するスピーチを行った。米国が「太平洋国家」であることを強調、アジア諸国との関係を強化していく方針を述べた。聴衆はスタンディングオベーションで大統領を迎え、特にアジア・太平洋地域との関わりや、拉致問題に触れたくだりでは、会場から大きな拍手が起こった。

   演説が始まったのは午前10時過ぎだが、入場手続きが始まったのは、その2時間前の8時ごろ。小雨が降っていたが、ホールの職員からは「傘は持ち込めません。入り口で預けて下さい。折りたたみはカバンの中へ」とのアナウンスが繰り返されていた。傘も何か「武器」に使われる可能性がある、ということらしい。入り口脇では、鈴木宗男衆院議員と外務省出身の佐藤優氏が、険しい表情をして立ち話をするなど、有名人も多数訪れていた。

拍手や歓声が起こる場面が何度も

アジア・太平洋地域とのつながりを強調するオバマ大統領(代表撮影)
アジア・太平洋地域とのつながりを強調するオバマ大統領(代表撮影)

   入り口では厳重なセキュリティーチェックが行われた。金属探知機の他、警察官がカバンを開けて隅々まで検査。航空機の国際線同様、ペットボトルの持ち込みも禁じられた。ホールに入場したのは、米国大使館からの招待客など約1500人だが、開場から1時間以上が経過した9時10分過ぎになっても、まだ列は続いていた。

   オバマ大統領の演説では、一貫して米国と太平洋とのつながり・パートナーシップが強調され、拍手や歓声が起こる場面も多かった。

   例えば、演説冒頭、聴衆に対して

「みなさんは2つの国の結びつきを強くするために働いている」

と語りかけた直後に拍手が起きたのを始めとして、

「日本の小浜市の人に私の感謝の気持ちを伝えずにはいられない」

との発言には、会場から大歓声が起こった。

   それ以外にも、沖縄の米軍基地問題に関連して

「対等で相互に協力する関係を維持するよう努力したい」

と述べた点や、北朝鮮に対して、孤立化ではなく国際社会に歩み寄るように迫るくだりで、

「6か国協議への復帰、非核化。拉致被害について家族に明らかにすることが必要」

などと述べたくだりでは、会場から大きな拍手が起こっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中