イチローのキャラは すばしっこい「ゴキブリ」だった

印刷

   メジャーリーガー・イチロー選手のキャラクターは「ゴキブリ」。日本のファンが聞けば怒りそうな話だが、さてどういうことなのか。

   アメリカの着ぐるみパフォーマンス集団「ZOOperstars !」(ズーパースターズ)が来日し、ゴールデンウィークに埼玉西武ライオンズ「西武ドーム」に登場する。

ファンをくすぐるための長い触覚を持っている

「ZOOperstars!」公式ホームページで紹介されている「イチローチ」
「ZOOperstars!」公式ホームページで紹介されている「イチローチ」

   有名スポーツ選手をモチーフにした着ぐるみ売り物で、グラウンドでコミカルなダンスパフォーマンスを披露する。主にアメリカ野球の2A、3Aの試合でブレイクタイムに登場。球場が大爆笑に包まれるなど大人気になっている。

   例えば、Samuel Sosa(サミー・ソーサ)が「Clammy Sosa」の名前で貝のキャラ。Derek Jeter(デレク・ジーター)は、「Derek Cheetah」の名前でチーターに。野球選手以外ではアイスホッケーのWayne Gretzky(ウェイン・グレツキー)が「Whale Gretzky」で、鯨にキャラ付けされている。

   ところが、イチロー選手のマスコットの名前は「Ichroach Suzuki」。「Roach」はゴキブリで、その姿形もゴキブリなのだ。動物キャラが殆どで、「害虫」はイチロー選手くらいだ。

   「ZOOperstars !」の公式ホームページには「Ichroach Suzuki」(イチローチ・スズキ)のプロフィルが掲載されている。

「この、すばしっこいゴキブリは、アメリカン・リーグの対戦相手から小走りで逃げてきています。何年にもわたって、日本の路上に残された寿司を食べていましたが、米国の乗客のサラダボールに乗り換えることに。ビーズのような目と、長い触覚で知られています。ダントツで一番人気のあるゴキブリです!」

   また、身体的特徴として、大きな身を守るための殻を背負っている。試合後のグラウンドに落ちているポップコーンを食べ過ぎたためお腹が大きい、ファンをくすぐるための長い触覚を持っている、とも書かれている。

「苦情のようなものは一切来ていません」

   西武ライオンズが今回のイベントを告知したのが10年4月13日。

「イチローやジーター、といった スーパースター をモチーフとした動物たちが所狭しと駆け回る『ズーパースターズ!』」

   この内容に興味を持ったファン達は「イチローがゴキブリとして扱われている」と驚き、10年4月14日からネットの掲示板やブログには、

   「実際に西武ドームでゴキローでてきたら、日本人としては複雑な気持ちだろこれ」「イチローってゴキブリ呼ばわりされて嫌われてるんだね」「松井秀喜=ゴジラ イチロー=ゴキブリ 同じ日本人でこの扱いの差」などと書き込まれている。

   実はこのゴキブリキャラ、これまで何度か来日している。09年5月も「横浜スタジアム」などに登場し愛嬌を振りまいた。同じく西武ドームの昨年のGWイベントにも登場していた。埼玉西武ライオンズ宣伝部によると、2009年の「ズーパースターズ!」の公演が大好評だったため、今年もパフォーマンスを披露してもらうことを決めた。親子揃って笑い、楽しめるショーのため、

「イチロー選手がゴキブリで酷い、などといった苦情はありませんでした」

と同宣伝部は話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中