2019年 11月 20日 (水)

「エイベックスがCD買い占め」 いきものがかり事務所社長が批判

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   エイベックスが「AAA」のシングルCDを社員に買い占めさせた――。人気グループ「いきものがかり」の所属事務所社長が、ツイッターでこうつぶやいて、物議を醸している。返す刀でオリコンも批判しているのだが、果たして本当のところは。

   初めは、混戦模様だった。

小室復帰作にエイベックス社長「1位にしてあげたい」

   ヒット続きで勢いに乗っている男女3人組ユニット「いきものがかり」。2010年5月5日には、シングルCD「ありがとう」を発売し、オリコンでのデイリーランキングで1万枚を超す売り上げを上げ、早くもトップに立った。

ツイッターで爆弾発言
ツイッターで爆弾発言

   これに対し、男女7人組ユニット「AAA」が、同じ日に、音楽プロデューサーの小室哲哉さん(51)作曲の復帰第1弾「逢いたい理由」を引っさげて登場。「ありがとう」を一時抜くなどした。

   小室さんは、もしオリコン週間1位になれば、8年5か月ぶりとなる。復活を印象づける絶好のPRチャンスともあって、小室さんを支援するエイベックスの松浦勝人社長は7日、ツイッターでこうつぶやいた。

「僕のお願い・・・TKの復活をオリコン 1位にしてあげたい。ライバルは小室さんにお世話になったはずのメーカーのアーティスト。。」

   このライバル名について、松浦社長は明かしていない。が、「ありがとう」を出しているレコード会社エピックレコードジャパンに、小室さんが「TM NETWORK」時代に所属していたことから、ライバルは、いきものがかりとみられている。

   これに対し、いきものがかりの所属事務所キューブの北牧裕幸社長は、ツイッターで8日、松浦発言をこう皮肉った。

「大人気ないなぁ(笑)。とても上場会社のトップの発言とは思えない」

   混戦だった2曲は、11日になると、オリコンの週間ランキングでAAAが1位、いきものがかりが2位と白黒がついた。ところが、北牧社長は、この日のツイッターで、エイベックス社内にこんな動きがあったと暴露したのだ。

「それにしても他のランキングではベスト10にも入ってないものを無理矢理社員に買い取りに走らせ1位を取った所で、社員も情けない思い出いっぱいだろう」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中