2020年 12月 1日 (火)

諫早調整池で「ワニ」大騒動 ペットの「メガネカイマン」放流?

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

長崎県内に届けられているメガネカイマンはゼロ

   ただ、長崎県県央振興局では、

「専門家に問い合わせたところ、『メガネカイマンのように見える』とおっしゃる方もいる」

とし、「アリゲーター科」に属する「メガネカイマン」と呼ばれる南米産のワニの可能性があるという。この地域に、元々メガネカイマンが生息していることは考えられないため、ペットとして買われていたもの逃げ出したか、飼い主が捨てたとの見方もある。

   メガネカイマンは、人に危害を加えるおそれのある「特定動物」に指定されており、特定動物を飼うためには、都道府県知事の許可が必要だ。だが、県央保健所によると、現段階で長崎県内に届けられているメガネカイマンはないといい、飼い主を捜すのは難航しそうだ。

   地元自治体などでは、ワニが諫早湾に流れ込む「本明川」を登ってくる可能性もあるとして、警戒を強めている。具体的には(1)パトロールを強化(2)11か所に注意を呼びかける看板を設置(3)調整池と川の間に柵を設置(4)5か所に捕獲用のわなを設置、といった対策を行っている。

   前出の目撃男性は、NBCのインタビューの中で

「散歩もされんもん(できない)。野生化すれば、人間まで襲うけんが(襲うからね)」

と不安を訴えているものの、現段階の目撃情報は、前出の2件のみだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中