2018年 8月 21日 (火)

「赤い恋人」や「面白い恋人」 北海道の「白い恋人」に負けない

印刷

   手にいっぱいのおみやげをぶら提げて、夏休みを故郷ですごした人の帰省ラッシュがはじまった。そんな中で、「赤い恋人」や「面白い恋人」といったユニークなネーミングのおみやげがネットの話題をさらっている。

   北海道の石屋製菓がつくる「白い恋人」は人気のお菓子で、おみやげ品としても有名だが、「赤い恋人」や「面白い恋人」も負けていない。

「恋人シリーズ」で第3弾も商標登録

「赤い恋人」はピリッと辛い、めんたいこ味のコンニャク
「赤い恋人」はピリッと辛い、めんたいこ味のコンニャク

   福岡県八女市の秋山食品がつくる「赤い恋人」は、6年ほど前に発売を開始。その後、ジワジワと売れはじめ、「ここ数年は毎年2~3割伸びています」(秋山龍一郎社長)という。

   「赤」はこれもご当地の名産である、めんたいこの「赤」。北海道の「白い恋人」のようなお菓子ではない。同社はコンニャクをつくる会社なのだ。

   「赤い恋人」は、秋山社長が名付けた。博多の辛子明太子と生芋コンニャクを丹念に練り上げてつくる「博多めんたいこんやく」で、食べるとピリッと辛い。薄切りにしてそのまま食べたり、サラダにしたり、フライパンで焼いてマヨネーズをかけて食べる。

   最近のカレー・ブームを見越して、2010年1月に発売した「私の恋人」というカレー味のコンニャクもあり、すでに第3弾の商品名も「あなたの恋人」に決まっている。秋山社長は、「どんな味にするかは決まっていませんが、ネーミングだけは(商標)登録を済ませています。恋人シリーズとして売っていきます」と説明する。

   同社はコンニャクを「おみやげ品」として販売することで、商品価値を高めた。秋山社長は「いいモノなので安くは売らない」と話し、空港などのおみやげ店と百貨店で販売する。同社のホームページからも買える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中