2022年 5月 18日 (水)

宮崎駿の「衝撃の新作」  一部公開で話題沸騰

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   アニメ監督・宮崎駿氏の新作映画の一部が公開され、話題になっている。真っ白い球体上の身体から手足が生えているキャラクターが登場するもので、ジブリ美術館で上映される予定の新作短編アニメではないかという見方も出ている。

   話題になったきっかけは、2010年10月16日に放送されるNHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル仕事の流儀」の予告編。

球体状の身体に手足が生えたキャラクター

   過去に登場したゲストの現在を伝えるという内容で、宮崎監督も番組に登場する。現在、予告編が放送されているが、その中で「宮崎駿 衝撃の新作」としてアニメ映像が流れた。

   卵のような球体状の身体に手足が生えたキャラクターが、赤いワンピースを着て歩いている。目は点で眉毛や鼻は描かれていないが、口元は笑っている。子どもの落書きをそのままアニメにしたようにも見える。

   一体どんなアニメなのか。東京・三鷹にある「三鷹の森 ジブリ美術館」HPでは11月20日から、宮崎監督の新作短編アニメを上映するとアナウンスしている。タイトルは「パン種とタマゴ姫」。魔女に召使いにされてしまった「タマゴ姫」が、突如生命を持ち動き出した「パン種」と逃げ出すストーリーだと説明している。

   館内では同日からタマゴ姫とパン種が逃げる麦畑のジオラマも展示されるという。このキャラクターが「タマゴ姫」ではないかというのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中