2019年 8月 18日 (日)

「ツイッターストーカー」の酷い実態 異常なリプライ、はては誹謗・中傷

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ツイッターのフォロワーから、ストーカーまがいの行為をされ困った――。ネット上でこんな告白も増えており、中年女性がフォロワーから「整形バラす」と言われたというケースもあった。

   女子学生というブロガーが、2年近くもやったツイッターをもう止めたと告白。はてな匿名ダイアリーで2011年1月17日に載ったその日記に、はてなブックマークが500以上もつく話題になっている。

「中年男性フォロワーが頻繁にリプライ」

実生活のストーカーも利用?
実生活のストーカーも利用?

   その主な原因は、1回り以上年上の中年男性フォロワーだというのだ。

   この男性は、学生のつぶやきに対するリプライの頻度が極端に多く、どんなつぶやきでもお気に入りに追加した。学生をとても好いているらしいというが、学生がつぶやいた好きな音楽をバカにし、知らない作家の話をわざわざ引用してリプライする。

   学生と友人とのリプライにも割り込んできたり、学生のSNSやブログを突き止めてことごとく足跡を付けたりするともいう。うんざりしてつぶやかないと、「お元気ですかー」とのリプライが定期的に送られてきた。ほかにも気持ち悪い人が続々現れたため、ツイッターやSNSも止めたのだとしている。

   この男性は、学生の知人ではないらしい。しかし、実際に姿を見せないとしても、この学生にとってはストーカーに見えるようだ。

   ネット上では、こんなツイッターストーカーに遭ったと告白するケースもいくつか出ている。

   はてな匿名ダイアリーでは10年3月3日、ツイッター歴1年弱という女性が、「まじ気持ち悪い」と訴えて話題になった。この女性は、ある男性フォロワーが「そういうつぶやきはしないほうがいいよ」などとダイレクトメッセージを寄こしたり、つぶやきを全部チェックして会いたいと言ってきたりしたと主張。ブロックしたいが逆ギレが怖いとして、アドバイスを求めていた。

   こうしたツイッターストーカーは、本当にいるのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中