2019年 10月 14日 (月)

脚切断被災者へのインタビュー フジテレビは「無神経」なのか

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ニュージーランドの地震で日本人28人を含む多数の行方不明者が出ている問題で、ワイドショーのレポーターが被災者に対して行ったインタビューに批判が集まっている。救助の際に右足を切断する重傷を負った男性に対して、スポーツが出来なくなってしまったことに関する感想を聞いたことが「無神経」などと猛烈な批判を浴びており、集中砲火状態だ。

   このニュースは中国の地方紙でも伝えられ、「取材を受ける人の心情を考えておらず、視聴者からは怒りの声があがった」と伝えている。

脚が挟まった際の様子を、比較的詳しく聞く

   批判を浴びているのは、2011年2月25日に、フジテレビ系のワイドショー「とくダネ!」で放送された電話インタビュー。同番組の大村正樹リポーター(43)が、ビル倒壊現場から救出され、右脚を切断する重傷を負った専門学校生の奥田建人さん(19)に救出時の様子を尋ねる中で、脚が挟まった際の様子を、比較的詳しく聞いた。やり取りをそのまま書き起こすと、このような具合だ。

大村レポーター: 脚が挟まっていた?
奥田さん: はい。
大村レポーター: 脚は、やっぱり痛かったですよね?
奥田さん; ええ…、最初は。
大村レポーター: 最初は痛くて、やっぱりだんだん時間とともに変わってくるんですか?
奥田さん: そうですね。
大村レポーター: どんな風に?
奥田さん: やっぱり、感覚がないというか…。
大村レポーター: 感覚がなくなった?
奥田さん: 慣れたというか…。わかんないですけど。
大村レポーター: その時の様子は、あなたは、しっかり記憶はしてます?
奥田さん: うーん、ちょっと、麻酔とか打ったたので、あまり覚えてないです。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中