AKB江口愛実合成CGは確定的 高須クリニック医師「顔の表情不自然」

印刷

   グリコ「アイスの実」の広告に登場するAKB48、江口愛実さんのCG説が確定的になってきた。プロフィールについて不自然な点が数多く指摘され、「100%合成CG」と断言する美容外科医も現れた。

   江口さんは、AKB48の「12.5期」研究生として2011年6月13日発売の「週刊プレイボーイ」で突如グラビアデビューした。埼玉県出身の16歳、顔立ちのすっきりした美人で、プロデューサーの秋元康さんが「彼女こそ『究極』」というほどの大型新人だ。

高須幹弥医師「江口愛実は100%合成CGである!」

   しかし、メンバーの菊地あやかさんが14日のブログに、江口さんが生身の人間ではなくメンバーの顔を合成して作ったCGだとばらす内容を投稿。ネットでは検証画像も多数投稿され、CGでほぼ確定ということになっている。

   さらに美容整形外科、高須クリニックの高須幹弥医師も15日のブログに、「AKB江口愛実は100%合成CGである!」と断言する記事を書いている。

   最初、江口さんを見て「凄い美少女が現れた」と思ったがネットでCMの動画を見て、江口さんの顔の表情が不自然なことに気付いた。

   喋ったり、笑顔を作ったりしたときに、頬など口の周囲の筋肉がわずかに動いているものの、目の周りや眉間、額の筋肉は殆ど動いているように見えない。通常人間は感情を込めて笑ったりすれば、それに連動して額や眉間の筋肉も動くものだとする。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中