2021年 6月 21日 (月)

仮想キャバクラにソープランド… アメーバピグ「暴走」も凄い

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   サイバーエージェントの運営する仮想空間、アメーバピグが凄いことになっている。着実にユーザー数が伸びているのはいいが、最近は勝手に仮想キャバクラや風俗店を運営するユーザーまで現れた。

   アメーバピグは2009年にスタートしたサービス。登録者は自分の分身となるアバターキャラを作り、他のユーザーとチャットしたりできるほか、アイテムを購入するなどの課金サービスもある。

キャバクラそっくりの店内、キャバ嬢の控え室まである

   2011年8月時点で850万人が登録。着々とユーザー数を伸ばしていて、もはや1つの街といった感じなのだが、なんとピグ内でキャバクラや風俗店も運営されていることが分かった。

   ユーザーが個人で勝手に運営しているもので、ピグ内のイベント検索で「キャバ」と入力すると複数ヒット。そのうちの一つに入ってみると、ソファと仕切りが綺麗に並ぶ、いかにもキャバクラといった部屋に移動した。キャバ嬢の控え室まであるといった凝りようだ。

   こうした店内は、ユーザーが自分の部屋として割り当てられたスペースをアイテムでコーディネートしたり、増築したりして作ったものだ。相当の手間がかかっていると見られる。

   まず、カウンター前のソファに座って順番待ち。暫くして、ボーイ役から「○○さま、ご指名はありますか?」と聞かれ、「フリーで」と回答。その後、キャバ嬢役がやってきて「こちらの席へどうぞ」とフロア内のソファに案内された。数分会話すると、ボーイ役が終わりの時間を告げにやってきて、システムまでキャバクラそっくりだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中