2022年 5月 18日 (水)

スーパーマリオに動物愛護団体が抗議 「タヌキスーツは毛皮を肯定している」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   過激な抗議活動で知られる海外の動物愛護団体、「PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)」が任天堂に矛先を向けた。スーパーマリオがゲーム中に着用する「タヌキスーツ」が毛皮を肯定していると抗議していて、日本や海外のネットで話題になっている。

   タヌキスーツとは、1988年に発売されたファミコン用ソフト「スーパーマリオブラザーズ3」から登場したアイテムで、これを着用すると、尻尾で空を飛んだり、地蔵に変身して敵をやり過ごしたりできる。

「マリオは『毛皮を着用してもいい』とメッセージ送っている」

PETAのページ。オリジナルゲームまで用意されている。
PETAのページ。オリジナルゲームまで用意されている。

   2011年11月初旬に発売されたDS用ソフト「スーパーマリオ3Dランド」にも登場しているのだが、このソフトの発売に合わせてPETAが14日に抗議活動を開始した。

   PETAサイト内に「Mario Kills Tanooki」というタイトルで特設ページがあり、以下の文章が掲載されている。

「姫を助けに行く際、マリオは敵を倒すためにあらゆるものを使うこと知られている。特別なパワーを得るためにタヌキの毛皮さえ着るのだ。ゲームの中でタヌキは『スーツ』に過ぎないかもしれないが、現実世界でタヌキは生きたまま皮を剥がされている。タヌキスーツを着用することで、マリオは、『毛皮を着用してもいいのだ』というメッセージを送っている」

   タヌキスーツを着たマリオが、血が滴るタヌキの生首を持っているイラストが描かれているほか、皮を剥がれたタヌキがマリオを追いかけて皮を取り戻すフラッシュゲームまで用意されている。タヌキが生きたまま皮を剥がされる映像も掲載されていて、こちらはかなりグロテスクだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中