2021年 1月 22日 (金)

単独ではANA、グループではJALが世界一 日本の2社が「定時到着率」で競り合う

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

JALは0.04ポイント差で世界第2位に

2月2日にはJALグループに対しても表彰が行われた
2月2日にはJALグループに対しても表彰が行われた

   ただし、世界第2位に転落したJALの定時到着率は、わずか0.04ポイント差の90.14%。2月2日の決算会見後、大西賢社長(現会長)は、

「10年の実績値は89.90%で、11年の実績のほうが上回っているが、今一歩世界一には手が届かなかった」

と「敗戦の弁」を述べた。

   ただしJALは、11年に新設された「キャリア別ネットワーク部門」で、定時到着率86.33%で世界一を獲得している。この部門は、JALやANAといった航空会社本体以外にも、日本トランスオーシャン航空(JTA)やエアーニッポン(ANK)といったグループ会社と、提携先の航空会社の便に「JL」「NH」といった自社の便名を付けて販売する「コードシェア便」の実績を加味した部門だ。

   大西氏は表彰式で、

「航空会社にとって、定時性というのは本当に貴重な、お客様から評価いただける基本品質のひとつ。これからも安全運航をしっかり守りながら、お客様に定時性というサービスを提供して、選ばれる航空会社として一歩一歩、歩んでいきたい」

と、定時性の重要性を改めて強調していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中