2018年 7月 23日 (月)

「原発ゼロ」望む声が最多 政府の検証会合

印刷

   エネルギー政策に関する国民の意見を検証する「国民的議論に関する検証会合」(座長・古川元久国家戦略相)は2012年8月28日、「少なくとも過半の国民は原発に依存しない社会の実現を望んでいる」との総括案をまとめた。

   政府は2030年の原発比率について0%、15%、20~25%の3つの選択肢を国民に提示。この中で「0%」の支持率が最も高かった一方、「実現に向けたスピード感では意見が分かれている」とした。

   この内容を踏まえて政府は、9月にもエネルギー政策の基本方針を決定する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中