2019年 11月 20日 (水)

橋下大阪市長ウォッチ
国政進出で与野党に挨拶周り 「虚像が実像に近づきつつある」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「日本維新の会」代表を務める大阪市の橋下徹市長は2012年10月15日、国政政党結成後初めて、国会内で与野党に挨拶回りをした。

   最初に会談した自民党の安倍晋三総裁には、

「虚像が実像に近づきつつある。(国政進出は)決して楽ではない」

と、世論調査の支持率が下落していることを意識した発言も出た。

国会対応は「すべて松野氏に任せてある」


   安倍総裁は、

「お互い、切磋琢磨して頑張りましょう」

と応じた。

   挨拶回りには、松井一郎幹事長や松野頼久国会議員団代表も同行。また、国会議員団と、党本部との「意志決定のねじれ」を懸念する声もあることから、橋下氏は、安倍総裁に対して、

「国会対応は、すべて松野氏に任せてある」

とも説明した。

   一方維新の会との「復縁」がささやかれる、みんなの党・渡辺喜美代表は、

「我々も政党をつくった経験がありますから、ご苦労のほどは、よく分かります」

と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中