フジテレビの社内ネットワークに不正アクセスが見つかる

印刷

   フジテレビの社内ネットワークに何者かが不正アクセスし、社員十数人のメールの一部が外部に漏れた可能性があることがわかった。フジテレビが2012年12月27日に発表した。

   不正アクセスを発見したのは12年11月2日で、パソコン1台がコンピューターウイルスに感染し、その感染した端末から社内のメールサーバーに複数回アクセスされたという。視聴者の個人情報漏えいや、流出した情報が悪用された形跡はないという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中