2019年 1月 23日 (水)

猪瀬直樹の英語ツイートは国辱もの? 小学生レベルでも「通じればいい」のか

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京都知事の猪瀬直樹氏(67)が、東京五輪招致アピールのため、公式ツイッターアカウントで英語でのツイートをはじめた。誰かが翻訳したものではなく、自ら書き込んでいるようだ。

   しかし、文法の誤りや綴りの間違いが目立ち、ツイッターでは「トップの英語がこれでは恥ずかしいです」「いいじゃん通じれば」などと賛否両論を呼んでいる。

「炒めてるぞwww」「LとRの違いはカタカナでは分からないもんね・・・」

「I am frying back to Tokyo」

   2013年1月9日からオリンピック誘致のためイギリス・ロンドンを訪問していた猪瀬氏は12日、こんなツイートをした。直前に「これから東京へ戻ります」と日本語でツイートしており、これを英訳したかったようだ。しかし、この意味の場合、つづりは「fry」(油で揚げる、炒める)ではなく「fly」(飛ぶ、飛行機で行く)。fryでは、えびフライの「フライ」の意味になり、ネットでは「炒めてるぞwww」と混乱をよぶことになってしまった。「LとRの違いはカタカナでは分からないもんね…猪瀬さんがんばれ!」と皮肉めいたリプライが寄せられたせいかはわからないが、ツイートは現在削除されている。

   猪瀬氏は2012年12月30日から英語でのツイートを開始。ティム・ヒッチンズ駐日英大使にフォローされたことで話題になった。ただ、猪瀬氏の英語ツイートは当初から文法のあやまりやつづりの間違いが目立ち、構文も不自然だ。

   たとえば、13年1月2日の「We held the first Tokyo Olympic Games as a developing country in 1964. I want make sophysticated events as a leading country next time.」というツイートに対し、ビジネス英語の著書をもち、慶應義塾大学で教鞭をとる日向清人氏はツイッターで「まるで英語になっていません」と「添削」した。

「I want TO DO something.は中学レベルの基本パターンでしょうに。この程度の英語でツイートなんて厚かましいもいいところ。側近にいないのかなあ、『それはなりませぬ!』と言える人」
「make sophysticated events、よく見るとtoが落ちている文法ミスとsophisticatedの綴り間違い、それと慣用に反する組み合わせ、とわずか3単語の英語に間違いが3つ。駐日イギリス大使もフォローしているそうだけれど、これじゃ国辱」

   また、在英ライターの谷本真由美氏も、イギリス人大学教員の夫が猪瀬氏の英語を「小学生ですか?」と心配していたとし、「先ほど我が家の家人(イギリス人大学教員) がオリンピック誘致呟き拝見しましたが意味がわからないからネイティブの監修をつける必要がありますと言っています。トップの英語がこれでは恥ずかしいです」と訴えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中