米アップル、巨額課税逃れか 米国上院が調査結果明かす

印刷

   米アップルが海外子会社などを利用して巨額の課税逃れを行っていたと、米国上院の行政監察小委員会が2013年5月20日に調査結果を公表したことが分かった。各メディアが報じた。

   報道によると、アップルは09年~12年に740億ドル(約7兆5000億円)の利益をアイルランドに移したが、うち440億ドル(約4兆5000億円)がタックスヘイブンを利用した課税逃れとされた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中