2021年 5月 11日 (火)

「仕事激減」品川はなぜこんなに嫌われるのか 「面白くないしうるさい」「謙虚さが全然ない」?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐さん(41)が、2013年8月13日放送のバラエティー番組「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系)に出演した。

   小説家や映画監督としての活躍がめざましい一方、最近芸人としての仕事が激減したと自虐している。「俺が嫌われているからだ」と見ているようだが、視聴者からはやっぱり「嫌い」という声が相次いだ。

「スタッフに嫌われてるからいまいち仕事が増えない」

   品川さんは「ここ最近仕事が激減してしまった元売れっ子芸能人」という触れ込みで登場した。

   自伝的小説「ドロップ」が30万部超えの大ヒット、さらに自ら監督を務めた映画「ドロップ」も興行収入19億円超を記録した品川さんだが、09年10月には月45本だった出演テレビ番組が、13年7月には6本にまで減ったという。東京でのレギュラー番組はなんと「0本」だ。

   品川さんは仕事が減った原因について「多分あんまりスタッフに好かれてないってのが1番」という。仲のいいプロデューサーから、品川さんが若手だった頃にADだった人がディレクターやプロデューサーに出世して、その人たちが品川さんが嫌いだからいまいち仕事が増えないんだと指摘されたそうだ。

   07年3月の「女性自身」で「嫌いな若手お笑い芸人ランキング」「付き合いたくない、夫にしたくない若手お笑い芸人ランキング」共に2位と、スタッフだけでなく世間からも嫌われているようなデータもある一方、本人は「スタッフの人にお前嫌いだって言われたことない」「一般の人に会った時『写真撮ってください』とかってなるから、そんなに大問題に思ってない」と意外と悠長な様子だ。

   ただ、「BSとかCSとか、深夜3時半とか、どこでもいいから冠番組がやりたい。小さくてもいいから自分のお城がほしい」という野望はあると話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中