2019年 12月 15日 (日)

ザック監督「W杯優勝は私のノルマじゃない」 この意識で世界トップと戦えるのか

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   サッカー日本代表が、ウルグアイ代表に完敗した。コンフェデレーションズカップで大量失点した守備陣が、またも崩れたのが大きい。

   1年後に迫るワールドカップ(W杯)ブラジル大会では、前回大会を超える結果が期待されている。だがアルベルト・ザッケーローニ監督はウルグアイ戦後、目標を優勝に置いていないような発言をして報道陣を驚かせた。

「もう少し違う言い方があった」

「W杯で優勝してほしいというリクエストは、私は受けていない」

   ウルグアイに2-4で敗れた2013年8月14日の試合後、ザッケローニ監督はこう明かした。代表監督に就任したのは2010年8月31日。W杯に出場し、世界の強豪との差を縮めるよう要請されていたそうだ。

   当時の報道を見ると、直近に迫っていたアジア杯で好成績を収める、W杯に出場すると掲げていたものの「W杯優勝」をぶち上げてはいない。監督の人選に携わった原博実強化担当技術委員長も「まずはW杯予選突破。W杯でいい成績を挙げること」と話したが、優勝の2文字は口にしていなかった。

   とは言え、すでにW杯ブラジル大会出場を決めている現段階で、指揮官自ら「頂点」を目指しているわけではないと発言しては、チームの士気にかかわるのではないか。サッカージャーナリストで「フットボールレフェリージャーナル」を運営する石井紘人氏はJ-CASTニュースの取材に、「『ザックらしい発言だな』との印象でした」と話す。外国人監督は日本人と比べて、メディアを気にする傾向が強い。かつてJリーグのチームで指揮を執ったドイツ人監督は、自分が報じられている雑誌をすべて翻訳させ、チェックしていたほど。敗戦の弁では言い訳することも多いそうだ。

「代表監督は記者会見で巧みな表現を用いながら説明し、時には『ぼかす』必要もあります。今回の発言は外国人監督らしく、『敗戦で何かが変わるわけではない』とアピールしたかったのでしょう。ただ、もう少し違う言い方があったとは思います」。

   確かにメディアは、この発言を「開き直り」「公の場で口にすることではない」とネガティブに報じたケースが多い。敗戦の言い訳に思わず口を突いたのか、素直に本心を打ち明けたのか――。いずれにしろ、少々思惑が外れてしまったかもしれない。

   中には、発言によって代表選手との意識のずれが生じたのではないかと懸念する報道もある。本田圭佑選手や長友佑都選手はかねてから、「W杯優勝が目標」と公言しているからだ。監督の本心は「優勝がノルマではない」と分かり、選手間にシラケムードが漂っては大変だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中