2019年 8月 18日 (日)

高速バス「予約→キャンセル」繰り返さないで JR関東が「不正行為」にカンカン

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   高速バスの予約システムを不適切に利用している乗客がいるとして、バス会社が頭を悩ませている。一度座席を予約したにもかかわらず運賃を払わないまま「キャンセル→再び予約」を繰り返す乗客がいるというのだ。このせいでバスに乗れなくなる乗客も出ているということで、ウェブサイトには異例の注意喚起の文章も掲載された。

予約日から3日以内に運賃を支払う

   注意喚起の文章が掲載されているのは、JRバス関東(東京)のウェブサイト。問題となっているのは座席指定制のバスをウェブサイトで予約する場合だ。予約してから3日以内にクレジット決済やコンビニ経由で運賃を支払う必要があり、期限までに支払われない場合、予約は自動的にキャンセルされる。乗車当日でも予約でき、その場合は発車60分前までに支払いの手続きを済ませる必要がある。

   ところが、お盆直前の8月6日に掲載された文章によると、「『決済期限直前にキャンセルされ、直後に新たに予約する』を発車当日まで繰り返し、実際は代金を支払わないお客様」が存在し、「その結果、ご乗車を希望されるお客様が、満席でお断りせざるを得ない事態」が生じているという。

   これは、(1)決済期限直前になってキャンセルする(2)キャンセルされた席は他の利用者が予約できるようになるが、直後に自分で予約を入れ直す(3)決済期限まで予約を持ったまま座席を占有し続ける、といったことを指しているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中