2019年 7月 17日 (水)

「アベノミクスはわらに着いた火」 ドイツ連銀が批判的論評

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   日本のアベノミクスについて、ドイツの中央銀行に当たる連邦銀行が、2013年8月の月報で、景気上昇効果は短期間でなくなる「わらに着いた火」と批判的に論評した。新聞各紙が8月20日に報じた。

   月報では、アベノミクスは13年にGDPを1.25%アップさせるが、14年には効果が大幅に減り、15年には逆に景気の足かせになると予想している。理由としては、景気対策が終わる14年4月に消費税引き上げと重なることなどを挙げた。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中