「アベノミクスはわらに着いた火」 ドイツ連銀が批判的論評

印刷

   日本のアベノミクスについて、ドイツの中央銀行に当たる連邦銀行が、2013年8月の月報で、景気上昇効果は短期間でなくなる「わらに着いた火」と批判的に論評した。新聞各紙が8月20日に報じた。

   月報では、アベノミクスは13年にGDPを1.25%アップさせるが、14年には効果が大幅に減り、15年には逆に景気の足かせになると予想している。理由としては、景気対策が終わる14年4月に消費税引き上げと重なることなどを挙げた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中