2019年 6月 18日 (火)

吸引は覚せい剤でなく「アンナカ」? チャゲアスASKA、週刊文春に薬事法違反認める

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「深刻な薬物中毒」などと報じられていた音楽ユニット「CHAGE and ASKA(チャゲアス)」のASKAさん(55)が週刊文春のインタビューに応じ、報道を一部認めた。

   報道が出てから所属事務所が「報道の内容は事実に反している」、ASKAさん本人も「事実無根」とコメントしていたが、一転「事実も含まれていた」ことが明らかになった。ASKAさんの突然の告白に所属事務所も動揺しているようだ。

「アンナカ」は劇薬指定医薬品だった

   ASKAさんのインタビューを掲載したのは、週刊文春の2013年10月17日号だ。何と、ASKAさんから記者の携帯電話に直接「ASKAです!男と男の話し合いを一度しませんか。いつでもいいですよ」と連絡があったというのだ。

   週刊文春は13年8月8日号で、ASKAさんが深刻な薬物中毒で、同級生だった暴力団関係者と覚せい剤の取り引きをめぐってトラブルになり、怒った関係者が隠しカメラを仕込んで取り引き現場を盗撮、ASKAさんをゆすろうとしたが上手く行かず、盗撮ビデオが流出したなどと報じていたが、ASKAさんは「文春さんは騙されてる」として、記事の内容について詳細に語った。

   まず、「同級生だった暴力団関係者」の山本(仮名)という男とは12年1月に出会った。「東京で音楽事務所をやっている」と言われ、暴力団関係者と知らず交流するようになったと話す。

   ASKAさんが吸引したのは覚せい剤ではなく「安息香酸ナトリウムカフェイン」、通称「アンナカ」という薬だという。

   この「アンナカ」は倦怠感や眠気、頭痛に効果のある薬で、大量に服用すると耳鳴りや不眠、吐き気、体の震えといった副作用が起こる。カフェイン含有量の多さから劇薬に指定され、薬事法では「譲渡の制限(法で定められた手続きが必要)」「他の物と区別して貯蔵し、陳列する義務」などが定められている。禁止薬物ではないが、取り扱いには十分注意しなければならないものだ。

   馬用に調合されたものは興奮剤として使用され、覚せい剤に混ぜられることもあるらしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中