2019年 7月 21日 (日)

スマホに夢中、拳銃男に誰も気づかず 通勤電車で起こった衝撃殺人事件

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   スマートフォンに没頭する乗客たちは、すぐ目の前で他人が殺されようとしていることに誰一人気づかなかった。

   米サンフランシスコを走る通勤電車の車内で発生したのは、そんな不気味な殺人事件だ。

車内で拳銃を取り出し、平然といじくり回す

米ABCが作成した再現映像。乗客たちは拳銃男の存在に発砲まで気づかなかった(ABCウェブサイトより)
米ABCが作成した再現映像。乗客たちは拳銃男の存在に発砲まで気づかなかった(ABCウェブサイトより)

   2013年9月23日、サンフランシスコ市営鉄道の車内で、20歳の男子大学生が突如乗客の男に銃撃され、死亡した。男は逃走したものの、当日夜に逮捕される。この射殺犯(30)は大学生と面識がなく、いわゆる「通り魔」的犯行だったと見られている。

   この事件が人々の注目を集めたのは、防犯カメラが捉えていた犯行前後の車内の様子が、地元警察によって10月9日に明らかにされてからだ。

   この日、通勤時間帯の車内は立ち客も出るなど、比較的込み合った状態だった。

   野球帽をかぶった射殺犯の男は席には座らず、ドアにもたれかかりながら、落ち着きのない様子で体を揺らしている。この時点ですでにかなり不審だが、男はさらに拳銃を取り出し、反対側のドアの前に立つ客に向けた。

   混雑した電車で、怪しい男が拳銃を構えた――普通ならば、即車内がパニックに陥るはずだ。ところが、乗客は誰も反応しなかった。ある乗客などは男からわずか数十センチの距離にいたが、むき出しにされた銃身に何の注意も払わない。地元検察官はその様子をこう説明する。

「男は拳銃を隠そうともしていませんでした。乗客はすぐ側にいました。しかし、誰もその行動に気づかなかった。なぜならスマートフォンで、メールやネットに夢中だったからです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中