2018年 7月 22日 (日)

猪瀬知事が会見で辞職表明 「二転三転」批判には反論「ファクトを重視して説明した」

印刷

   東京都の猪瀬直樹知事は2013年12月19日午前に会見し、医療法人「徳洲会」グループから5000万円を受け取った問題で辞職する意向を表明した。

   辞職理由については都政や2020年東京五輪の準備が滞ることを避けるためだと説明。5000万円をめぐるやりとりについては、従来の説明を繰り返した。

川淵三郎氏「猪瀬さん、ここはいったん打ち切ろう」

猪瀬直樹知事(13年5月撮影)
猪瀬直樹知事(13年5月撮影)

   猪瀬氏は、辞職の理由について

「私の問題でこれ以上都政を停滞させる訳にはいかない」

と説明。五輪とパラリンピックの準備についても「滞らせる訳にはいかない」とした。

   また、ともに五輪招致を進めて来た川淵三郎・元日本サッカー協会会長と会談したことも明らかにした。川淵氏は

「東京五輪を成功させないといけない」

として、

「猪瀬さん、ここはいったん打ち切ろう」

と辞職を促したという。また、 猪瀬氏を後継指名した日本維新の会の石原慎太郎共同代表も、

「そういうことなら辞職することにしようじゃないか」

と辞職を後押ししたという。

   ただ、辞職で問題そのものの解明が進むかどうかは不透明だ。5000万円の性質については、

「生活の不安があったので借りたが、当選したので返そうと算段していた」

と、選挙目的の借り入れを引き続き否定。都議会の特別審議で答弁が二転三転したことについては

「小さな間違いがあったということで、基本的にはかなりファクトを重視して説明してきたつもり」

と反論した。

   また、問題が発覚したことについては

「政務にうといアマチュアだったので、そういったお金を借りたことについて不徳のいたすところ」

と振り返った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中