2020年 6月 1日 (月)

託児所つきの風俗店が「セーフティネット」 クロ現「シングルマザー」貧困特集に大反響

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   NHKの「クローズアップ現代」で放送された内容が、大きな反響を呼んでいる。10~20代のシングルマザーには貧困状態にある人が多く、住居や託児所といった生活支援を売りにする風俗店が事実上のセーフティネットとして機能していることを浮き彫りにした内容だ。これまで、この事実はほとんど知られてこなかったため、衝撃を受けた視聴者も多かったようだ。

   番組を通じて問題の根深さも明らかになった。番組では生活保護の受給を断念したことを背景に風俗店で勤務することになった女性のエピソードを紹介しているが、生活保護の申請を思いとどまらせようとする行政の対応は違法で「生活困窮者が活用できる制度について誤解を与える」といった指摘も出ている。

20代シングルマザーの8割が「貧困状態」

   話題になっているのは、2014年1月27日に放送された「あしたが見えない ~深刻化する『若年女性』の貧困~」。番組では、高校卒業の女性の場合、48%しか正規の仕事に就くことができず、中でも20代のシングルマザーの約80%が年収114万円未満の貧困状態に置かれていることを指摘している。

   最近では風俗店が託児所と提携したり、自前で託児所を運営しているケースもあるという。番組に登場した風俗店では、2013年に従業員用の寮を新設。産後直後から働かざるを得なかったという21歳のシングルマザーの従業員は

「私が頑張ったら託児所代が全部出ると思った」

と話し、経営者は

「(従業員に身寄りが)いても頼れない人が多い。家庭が崩壊しているケースも多い」

と、従業員の生活基盤がもろいことを明かす。

   こういった事実は、これまでマスメディアではあまり報じられてこなかったこともあって、大きな反響を呼んでいる。J-CASTニュースの「テレビウォッチ」で番組内容を紹介した記事は100回以上ツイートされており、

「これでは日本の将来が危ない」
「日本経済を衰退させている原因は、実はこの現実」

といった声も出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中