2018年 10月 23日 (火)

同人作家「年収1000万円はザラ」本当なのか 専業も夢じゃないとネットで驚きの声

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   今や市場規模700億円ともいわれる「同人誌」。作家の販路も多様化し、消費者も気軽に手に取れるようになっている。とはいえ、実際に売れるかどうかは実力次第で、同人誌販売だけで食べていくというのは至難の業だ。

   ところが、あるネットニュースの記事をもとに「年収1000万円の作家はザラ」「6000万以上は300人以上」といった情報が広がり、多くの人を驚かせることとなった。

「6000万以上は300人以上」?

   2013年夏、日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット84」(コミケ)には過去最多となる59万人が来場し、熱気に包まれた会場の様子はテレビのニュース番組でも取り上げられた。矢野経済研究所の調査によると、同人誌の市場規模は2011年度で690億円。即売会だけでなく、専門書店での委託販売やネット上でのダウンロード販売なども含んだ数字だ。同研究所は「ユーザー数の増加や流通チャネルの多様化」を考慮し、2012年度は716億円になるとも予測していた。

   同人誌が巨大マーケット化する中で、気になるのが同人作家の懐事情だ。作家の多くは「趣味の範囲」で活動しているため、大半は費用持ち出し、利益があったとしても印刷代や即売会出展費用などを引くとごくわずか。かなりの儲けが出るのは一部の人気作家のみで、それでも同人一本で食べていくほど稼ぐのは難しいというのが一般的な認識だ。ところが、インターネット上ではそんな認識を覆す「年収1000万円の作家はザラ」「6000万以上は300人以上」といった情報が広がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...