2018年 7月 21日 (土)

大津いじめ自殺めぐるブログ写真掲載問題 デヴィ夫人に165万円支払い命令

印刷

   デヴィ夫人ことデヴィ・スカルノさん(74)が、滋賀・大津市の中2男子自殺問題をめぐり、自身のブログに掲載した写真について、写っていた兵庫・宝塚市の50代の女性が「加害少年の母親と誤解された」として1100万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、神戸地裁は2014年2月17日、デヴィ夫人に165万円の支払いを命じた。

   判決によると、デヴィ夫人は12年7月、加害少年とされる複数の少年の写真とともに女性の写真を掲載し、加害少年の母親を非難する文章を書いた。後に写真は削除している。

   工藤涼二裁判長は「記事は、原告が加害少年の母であると誤信させ、社会的評価を低下させるもの」と認定した上で、「明確に原告を母と指摘するものとまでは言えず、ブログ上で訂正するなど誤解を解く努力をしている」として、女性が求めていたブログへの謝罪文掲載は認めなかった。

   デヴィ夫人は2月17日のブログで、「まだ判決文をみておりませんが、報道通りの判決が私に下されていることであれば、私は控訴する意向であることを、ここに 報告致します」と書いている。また、問題のブログを書いた当時「誤った記事を掲載した」(デヴィ夫人)というスポーツニッポンに対し、2月13日に東京地裁に訴訟を起こしたことも明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中