2019年 9月 23日 (月)

「所沢の方には迷惑かけた(笑)」 久米宏が「ダイオキシン騒動」振り返る

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   テレビ朝日系のニュース番組「ニュースステーション」が放送終了してから10年が経とうとしている。人気番組だったが、メーンキャスターの久米宏さん(69)が個人的な意見を積極的に発することで、反発の声も根強かった。

   そんなニュースステーションについて、久米さんが10年越しにラジオ番組で振り返った。当時大きな問題になった「所沢ダイオキシン騒動」についても語っている。

「いろんな所に迷惑かけた」久米の反省に爆問太田爆笑

   久米さんは2014年2月23日放送の「爆笑問題の日曜サンデー」(TBSラジオ系)にゲスト出演した。

   司会の爆笑問題は、01年1月放送のNステで視聴者プレゼント企画をやった際、2人揃って司会として出演したことがある。その時に太田光さんが「僕がちょっと失言して久米さんにご迷惑かけた」と切り出すと、久米さんが「ニュースステーション自体失言の多い番組だった」とぶっちゃけた。

   田中裕二さんが「久米さんどんだけ叩かれたか!」と笑いながら言うと、久米さんは「サンドバッグでしたから」と自身の叩かれっぷりを振り返りつつ、「僕は思いつきの失言はしないんですよ。失言は予定通りです」と暴露した。

「失言は失言をするようなシチュエーションでしないと面白くないから、失言をするシチュエーションを僕なんかの場合は、ニュースステーションの場合は自分で演出するわけですよ。ここで失言しそうだなって時に予定通りしないと面白くないんですよ、見てる人はね。盛り上がってきてケンカ半分になった所で思わず言ったようにして、ずっと用意してたやつ(失言)をかますって感じですよね。ここだったら人間言いそうだよなってとこで言ってあげないと、見てる人は面白くないじゃないですか」

   失言によって問題が起きることは「想定内」というが、田中さんに「まさかここまで(大ごとになるとは)ってのはあったでしょ?」と聞かれると、「地域的にも、所沢の方とか、いろんな所に迷惑をかけた。裁判所に呼ばれそうになるし」と笑いまじりに回答。太田さんに爆笑されていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中