2021年 3月 5日 (金)

「回転不足取られたけど、絶対足りてたやん!」 ソチ浅田真央採点に織田信成がまだまだ不満

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ソチ五輪フィギュアスケート女子で6位入賞を果たした浅田真央選手(23)のフリーの演技は、世界中の人々の賞賛を浴びた。一方で「難易度の高いジャンプをたくさん決めたのに、なぜ他の選手より点数が低いのか」と憤る声もたくさん上がっていた。

   元フィギュアスケート選手の織田信成さん(27)もその1人で、ソチから1か月以上経った今も「もっと点数あげてよかった!」と悔しそうにしている。

「誰が見ても完璧だった!どこ見とんねんほんまに!」

織田さんが絶賛する浅田選手(14年2月撮影)
織田さんが絶賛する浅田選手(14年2月撮影)

   織田さんは2014年3月25日放送のテレビ番組「東野幸治のナイモノネダリ」(TBS系)に出演した。

   「スポーツ選手が欲しい、あの人のあのスキル」という企画で、織田さんは「浅田選手の自分を高めるためにストイックになれるスキルが欲しい」と回答。織田さんを含め多くの選手が途中であきらめてしまう「ジャンプのクセの修正」をやり切り、ソチで集大成を見せたと絶賛した後、こう語った。

「言いたいのが、かなり厳しかったんですよ採点が。ショートの結果を受けての順番だったんで、どうしてもトップの選手とは離れて、先のスタートになってしまったんで、ほんとはもっといい点数だったんちゃうかなって思ったんですよ。採点する側も戸惑ったと思うんですよ。どうしよう、どういう点数付けようって。もっと点数をあげてよかったんじゃないかなって思うんですよね。正直回転不足みたいのも何個かとられてたんですよ。スローで見ても『絶対足りてるやん今の!』みたいな!『絶対足りてた今の!今の3-3の後ろ絶対足りてた!』ってもう声出して、『おかしい!これもっと評価点付けなあかんやろ』みたいな。試合の時ジャッジの方には言えないですけど、テレビ越しなんで言ってましたけど、ほんまに厳しかったと思います」

   司会の東野幸治さんから改めて「(回転数)足りてたんでしょ?」と聞かれると、「めっちゃ足りてました!誰が見ても完璧でした!どこ見とんねん!ほんまにもう!」と熱くなり、スタジオを笑わせていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中