2018年 12月 16日 (日)

「天皇陛下ただのマスコット」発言の元Jrアイドル 謝罪したものの、「中身がふざけてる」とさらに批判浴びる

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   天皇陛下について「ただの日本のマスコット」などと発言してインターネット上で批判を受けた元ジュニアアイドルの小川未菜さんが、2014年5月15日、自身のブログで騒動を謝罪した。

   ところが反省の弁の後には、小川さんが「ごめんなさいポーズ」をとっている自撮り写真や、寄せられた批判コメントのキャプチャ―画像なども掲載されている。謝罪エントリーらしからぬ内容がさらなる怒りを買ったようで、バッシングはなおも続いている。

「これからいろいろ勉強していきます」

不適切発言を公式ブログで謝罪(画像はブログのスクリーンショット)
不適切発言を公式ブログで謝罪(画像はブログのスクリーンショット)

   騒動のきっかけは小川さんが5月14日に投稿した下記のツイートだ。

「日本はさ、天皇陛下天皇陛下っていうけどそんなに偉いわけ?直接日本の政治に関係してないし、ただの日本のマスコットじゃん。。 昔はその天皇陛下のせいで国民は苦しみ、命がたくさん奪われてきたんだよ?深い悲しみを背負って生きてる人もいる」

   これがネット上で問題視されると、先のツイートはスタッフが投稿してしまったものだと釈明し、ツイートを削除させたと報告した。

   ところがその後、ツイッターユーザーとのやり取りの中で「自分の素直な気持ちをつぶいて何が悪いの!?」と書き、投稿は自分で書いたものだということを明かしてしまった。すると「もぉ酔ってて良く分からなくなってきた~」という発言を最後にツイッターの更新をストップした。

   「往生際の悪い」とも取れる発言に、批判していた人たちの間では諦めの念さえ漂っていたが、15日の「謝罪ブログ」により、再びバッシングが巻き起こることとなった。

   エントリーにはスタッフと小川さん両方のコメントが掲載され、スタッフからは「その後の『スタッフが』のツイートでも誤解も与えてしまいましたが、ブログもTwitterも小川みな自身の言葉だけを載せております」との説明もあった。小川さんも「皆様のコメントをていねいに読んでみて、私が教わっていなかった知らなかったことが沢山あるのではないかということに気が付きました。これからいろいろ勉強していきます。ご不快に思われた方にはたいへんご迷惑をおかけしました。ごめんなさい」と謝った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中