2019年 12月 12日 (木)

「タトゥー、刺青は入浴お断り」は差別なのか 茂木健一郎氏のツイートが論議呼ぶ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「海外ではタトゥーの人が普通にいるのに、日本の入浴お断りはおかしいし差別だ」。脳科学者の茂木健一郎さんがこんな内容のツイートをして、ネット論議になっている。

   フォロワーが50万人以上もいる茂木健一郎さんは、ツイッター上で頻繁に議論を持ちかけている。ここ数日は、ネトウヨ批判を展開して、2ちゃんねるなどで炎上する事態になっていた。

W杯ではタトゥーの選手は普通にいると指摘

ツイートが論議に
ツイートが論議に

   茂木さんは、それにも懲りず、またまた議論をぶった。ツイッター上で2014年6月17日、サッカーW杯を見ているとタトゥーの選手は普通にいるとして、こうつぶやいたのだ。

「タトゥー、刺青は入浴お断り、という不当な差別をしている限り、日本の温泉の世界遺産登録は無理だね」

   つぶやきは800以上もリツイートされ、反論も次々に上がった。これに茂木さんも受けて立ち、「暴力団関係の刺青とタトゥーとの線引きが難しいので受け手側の都合上全部NGとなってるのだと思います」との指摘には、「はあ、そうですか。それで?」と一蹴した。「日本では日本のルールがあると一言言いたいです」とのツイートには、「誰が決めたルールや? 日本って、お前みたいなのと一緒にするな!」と叱りつけた。

   茂木さんは、ニュージーランドのマオリ族女性が、顔の入れ墨のために北海道内の温泉施設に入浴を断られた騒ぎを挙げ、「日本の伝統でも何でもない。ただ無知でバカなだけ」と切り捨てた。一方、「差別主義者は入浴お断りにすればいい」との提案を受けて、そのような内容の張り紙を公開し、浴場関係者に活用を呼びかけるまでした。これも差別ではないかと批判を受けると、皮肉を込めただけだと反論し、茂木さんへの罵倒については、「在日の方への差別と似ているように思う」と言い切っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中