2019年 12月 8日 (日)

コンビニ「土下座」事件で容疑者所属会社が謝罪 これはやり過ぎか、よくあることなのか?

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   大阪府茨木市のコンビニエンスストア「ファミリーマート茨木横江店」で、来店した男女が店員の態度に言いがかりをつけて土下座させたり、お詫びとして「たばこ6カートン」(2万6700円相当)を要求したりした事件で、男女4人が恐喝容疑で逮捕された。

   その中のひとり、野仲史晃(46)容疑者は不動産会社の社員であることがわかっているが、その会社もホームページに「謹告 お詫び」を掲載して謝罪した。

「道義的責任を感じざるをえず、誠に遺憾に存じます」

会社が「お詫び」?「道義的責任がある」というが...(画像は、「三和プランニング」のホームページ)
会社が「お詫び」?「道義的責任がある」というが...(画像は、「三和プランニング」のホームページ)

   コンビニでトラブルがあったのは2014年9月8日未明。数人の男女が迷惑行為を注意した男性店員に言いがかりをつけて、この店員や店長ら3人に店内で土下座させた。そのうえ、「しつけが悪いからこんなことになったんや」「(謝罪の)気持ちが見えへん」などとまくし立て、さらには「うちの若い衆が店に車で突っ込む言うとんぞ」と迫り、たばこ6カートンを差し出させた様子がインターネットの動画サイトに公開されていた。

   コンビニ側が警察に被害届を出したこともあり、言いがかりをつけた男女のうち、恐喝の疑いのある野仲史晃容疑者(46)と中村剛容疑者(39)が9日に出頭した。さらに、11日にはアルバイトの女(39)と10代のその娘を恐喝の疑いで逮捕。店員らを土下座させた動画をインターネットに投稿したのは、10代の娘だったことがわかっている。

   そうしたなか、野仲容疑者が勤めている大阪の不動産会社、三和プランニングは9月11日、ホームページを通じてお詫びした。

   同社は大阪で新築一戸建ての分譲住宅などを手がける、年商41億円(2013年)の会社。報道では「不動産会社」との記述があるだけだが、公開された動画には会社名の入った上着を着ている野仲容疑者が映っており、そこから勤め先が判明したものとみられる。

   掲載された「お詫び」には、

「弊社従業員が逮捕されましたことで、多くの皆様にご迷惑とご心配をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。
この度のことは私人としてなしたこととはいえ、弊社としてもそのことに対しての道義的責任を感じざるをえず、誠に遺憾に存じます。
社会的責任は重大であり、許されることではなく、厳正に対処する所存であります」

とあり、謝罪している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中