2019年 11月 22日 (金)

日本人アスリートはもっと英語話せ 寂しいね「ノーイングリッシュ、ソーリー」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   世界を舞台に日本人アスリートの活躍が目覚ましい。米大リーグや欧州サッカーリーグでは、もはや欠かせない存在だろう。

   だが、海外での活動やチームメートとの意思疎通で必要な英語などの語学力は、選手によってかなりの差があるようだ。今の時代、通訳に頼りっきりは許されなくなってきているのだが。

ファンや監督、チームメートに「自分の言葉」で語るべき

   テニスの錦織圭選手が全米オープンで快進撃を見せ、現地メディアの取材に堂々と英語で応じる姿を見た人は多いだろう。サッカーイタリア1部の名門、ACミランへの移籍会見で、本田圭佑選手はすべて英語で通した。一方で、長年海外でプレーしながら英語で会話しているシーンをほとんど見かけないアスリートに対して、「本当に英語を話せるんだろうか」と疑問が出ることもある。

   サッカーライターの清水英斗氏は、2014年10月15日付のブログで興味深い意見を書いている。14日にシンガポールで行われたサッカー国際親善試合、日本対ブラジル戦後、シンガポール人記者が「なぜ、日本の選手は英語でインタビューに答えないんだ」と疑問を発したという。英語で応じたのは2人だけで、「ノーイングリッシュ、ソーリー」と断った選手もいたそうだ。

   自信がない、間違って伝わったら困るとの考え方はあるだろうと理解する一方、スタジアムで日本代表に声援を送ってくれたファンに感謝するのであれば「現地メディアを通して自分の言葉で伝えるべきではないだろうか」と提言する。自分がやらなくても、英語を話せる別の選手がやってくれるという意識でいいのか、との指摘だ。

   ファンに向けてのみならず、監督やコーチ、チームスポーツなら同僚に対しても「自分の言葉で話す」点も重要だろう。スポーツ雑誌「スポルティーバ」電子版2012年5月12日付の記事では、日本人大リーガーを例に挙げた。筆者の笹田幸嗣氏は、常に通訳を付けている選手について首脳陣から「通訳を通しているから、アイツの考えている真意がわからない」という言葉を耳にするという。一方で選手は、「自分の英語力では真意が伝えられない。だから通訳は必要です」と主張、両者の考え方のずれを示している。そのうえで「日本人メジャーリーガーが苦しむ大きな要因がここにあるのではないだろうか」と疑問を投げかけた。自分の力で必死に気持ちを伝えるのが大切というわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中