2020年 12月 1日 (火)

選管も初めてと驚く違法行為相次ぐ 選挙ポスターの顔にあのマークが

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   米軍基地移設を巡り、沖縄知事選は、保守が分裂して争う異例の激しい選挙戦になっている。そんな中で、選管も初めてと驚く違法行為が相次いでいることが分かった。

   4人が出馬した2014年11月16日投開票の沖縄知事選では、前那覇市長で自民党沖縄県連幹事長の経験もある翁長雄志氏(64)がリードし、現職で自民党が支援する仲井真弘多氏(75)が追う展開だと報じられている。新聞各紙が7、8日に行った世論調査で分かった情勢で、現在は変化している可能性がある。

赤い「×」を書いたり、黒く塗ったり

ポスターにこんな落書きが
ポスターにこんな落書きが

   仲井真氏は、13年12月に一転して普天間飛行場の名護市辺野古への移設を認め、それが今回の知事選で最大の争点だとされる。翁長氏は、前回の知事選では、仲井真氏を支援したが、今回は移設承認に異議を唱えて自ら出馬した。共産、社民両党も翁長氏を支援し、これまでの保革対決の構図とも違う形だ。

   そんな分裂・ねじれ選挙の中で、相手候補を批判するポスターなどを使ったネガティブキャンペーンが激しさを増しているとも報じられている。

   14年10月30日の告示後は、ツイッターなどで、選挙ポスターに落書きがされているとの報告が相次いだ。そこにアップされた写真を見ると、仲井真氏の顔にはスプレーで赤い「×」マークが書かれ、翁長氏を除く2人の顔は黒く塗りつぶされていた。翁長氏だけは、何も手がつけられていなかった。

   一方、ポスターが破られているケースもツイートされており、投稿写真を見ると、今度は翁長氏のだけが破られていた。

   選挙ポスターの落書きや破損行為は、もちろん、公選法違反(選挙の自由妨害)や器物損壊の罪に問われる。今回は、ただのイタズラの可能性もあるが、ネット上では、特定の候補への支援者と見られる人たちからは、相手陣営の仕業だとして非難する声が相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中