2019年 11月 20日 (水)

福岡ワッフル店強姦事件、容疑者3人不起訴のモヤモヤ 「嫌疑不十分」なのか、それとも別の理由か

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   福岡市の飲食店で女性客を監禁、暴行したとして集団強姦と強姦などの疑いで逮捕された男性従業員らについて、福岡地検は2014年11月28日、不起訴処分とした。

   事件が報じられた直後から、その手口に怒りを覚える人が多かった。不起訴とした今回の検察の判断には不透明な部分があり、疑問を持つ人も少なくない。

検察は不起訴の理由を明らかにせず

   これまでの報道をまとめると、容疑がかけられた事件の概要はこうだ。

   11月6日午前0時ごろ、福岡市内の繁華街・天神のワッフルなどを販売するカフェで、従業員の男2人が店内に1人でいた20代の女性客を閉店後に監禁し、集団で暴行。その後、男のうち1人が女性を近くのラブホテルに連れて行き、再び暴行したという。

   女性が被害を受けた後、6日未明に福岡県警中央署に相談し、事件が発覚。8日、同署は従業員2人を逮捕。また、2人の容疑者が一緒にいたことを事情聴取で隠したとして、カフェの経営者を犯人隠匿容疑で逮捕した。

   しかし、逮捕直後から3人はいずれも容疑を否認。スポーツ報知によると、ラブホテルで再び暴行を加えたとされる容疑者の男は「強姦していません。エッチはしましたが、女性との合意の上です」、集団強姦のもう1人の容疑者は「(容疑は)合っていません」などと供述していたという。

   この3人に対し、福岡地検が下した処分は不起訴。処分理由について明らかにしなかったため、ネット上には「不起訴??はぁ??」「マジかよ...なんでよ」「何が何だかよくわからん...」といった疑問の声が相次いだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中