2020年 6月 1日 (月)

安倍首相が嫌うTV局はやっぱりテレ朝とTBSだった? 在阪テレビ局やBSまで出演している一方で...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   安全保障関連法案の成立に向け、安倍晋三首相は精力的にテレビ出演を続けている。参院特別委員会の開催中にもかかわらず、在阪テレビ局の収録に参加する積極さまでを見せたほどだ。

   その一方、2015年に入ってテレビ朝日やTBSでの出演は、9月半ばになってもいまだゼロだ。安倍首相が出演する放送局とそうでない局の違いは何か。背景には各局との距離感が関係してそうだ。

  • 安倍首相は精力的にテレビ出演している(15年5月14日撮影)
    安倍首相は精力的にテレビ出演している(15年5月14日撮影)
  • 安倍首相は精力的にテレビ出演している(15年5月14日撮影)

「そこまで言って委員会」ではジョーク飛ばす

   2015年9月6日放送の「そこまで言って委員会NP」(読売テレビ)に出演した際は、大きな拍手に迎えられてスタジオに登場。週刊文春に報じられた「吐血疑惑」について質問されると、「ゴホッ」とわざとらしくせき込んでみせ、「高杉晋作じゃありませんから」と笑い飛ばした。

   番組が収録された9月4日は、同局の「情報ライブ ミヤネ屋」にも生出演。参院で特別審議が行われているにもかかわらず、わざわざ大阪まで足を運んで番組をはしごした格好だ。

   安保関連法案の今国会での成立に対し、世論調査が厳しい結果を示す中、安倍首相は活発にテレビ出演を行っている。7月20日にはフジテレビ「みんなのニュース」に出演。安保関連法案を火事にたとえ、模型を使って説明する場面が話題になった。

   そのほか8月14日にNHK「ニュースウォッチ9」、地上波以外でも4月20日にBSフジ「プライムニュース」、7月21日にBS日テレ「深層NEWS」に出演した。

   その一方、2015年に入ってから地上波ながらテレビ朝日やTBSにはいまだ出演していない。たまたま両局が出演依頼を出していなかっただけなのか。J-CASTニュースの取材に、テレ朝は「放送にいたる過程については、従来お答えしておりません」と回答。TBSからは「番組制作の過程については、かねてよりお答えしておりません」と回答があった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中