2018年 8月 16日 (木)

「情熱のキス」がアレルギーを救う 大阪の日本人医師がイグ・ノーベル賞

印刷

   情熱的なキスをするとアレルギー反応が和らぐ――独創的でユーモラスな研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の2015年受賞者が9月17日に米ハーバート大で発表され、大阪府寝屋川市の診療所院長、木俣肇さん(62)が「医学賞」に選ばれた。

   木俣さんは、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎の患者60人(女32人、男28人)とアレルギーを持たない30人(男女とも15人)に協力を求めた。個室で30分間、穏やかな音楽を聴きながら、恋人や配偶者とキスをする場合と、キスをせずにただ抱き合うだけの場合を比べる実験を行った。すると、患者がキスをした場合だけ、アレルギー反応を引き起こす原因となる抗体の産生や、特定のタンパク質の血中濃度が低下して症状が緩和された。抱き合うだけでは変化はなかった。キスが精神的ストレスを和らげたため、症状の緩和につながったと、木俣さんは論文で示唆している。

   木俣さんは所用で授賞式には参加しなかったが、ビデオメッセージで「キスは、愛だけではなく、アレルギーの緩和にもつながるものだと願いたい」と訴えて会場を沸かせた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中