2018年 12月 14日 (金)
ただ今、J-CAST IDにログインしにくい状況が発生しており、ご迷惑をおかけしております。
現在、復旧に向けた作業を行っておりますので、ご不便をおかけいたしますがご了承ください。

アップル失速、iPhone初の前年割れの衝撃 「部品製造」日本企業にも押し寄せる荒波

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   米アップルの業績が失速している。2016年1~3月期決算(4月26日発表)は、スマートフォン(スマホ)の「iPhone(アイフォーン)」の販売が2007年の発売以来、初めて前年割れしたことを主因に、13年ぶりの減収になった。

   今秋と予想される次期モデルiPhone7を含め、アップルの次の一手に注目が集まる。

  • iPhone、iPadの売れ行きは振るわず、次なるヒット商品を生み出せていない。
    iPhone、iPadの売れ行きは振るわず、次なるヒット商品を生み出せていない。

中国では一転、26%の売上減少

   16年1~3月期の売上高は、前年同期比13%減の505億5700万ドル(約5兆6100億円)で、減収は2003年1~3月期以来。最終(当期)利益は同22%減の105億1600万ドル(約1兆1600億円)だった。不振の原因は、なんといっても、売り上げの6割超を占めるiPhone。同期の世界販売台数は、16%減の5119万台にとどまり、地域別では、増えたのは日本(24%増)だけで、米国10%減、欧州も5%減、さらに大幅増が続いていた中国も26%の大幅な減少に転じた。思い返せば1年前、アップルは画面を大型化させたiPhone6のヒットで最高益を記録した。それが、その後発売した「6s」などに大きな技術革新がなかったうえ、成長の源としてきた中国市場が中国経済の減速で伸び悩んだことも加わり、一気に失速した形だ。

   iPhoneのほかも、タブレット型端末「iPad(アイパッド)」の売上高は同19%減と、減少に歯止めがかからず、2015年春発売の腕時計型端末「アップルウオッチ」はウエアラブル端末市場でシェア3位にとどまり、次なるヒット商品を生み出せていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中