南海トラフ震源域の「ひずみ」確認 海保が実測分布図を初公開

印刷

   海上保安庁は2016年5月24日付で、南海トラフ巨大地震を引き起こすとされるプレート境界の「ひずみ」の分布図を公表した。分布図は、南海トラフの海底に設置した15か所の観測ポイントで06年度~15年度にかけて観測した海底の地殻変動データを分析して作成。その結果、四国沖や遠州灘の沖合で、陸側のプレートが約5センチ動くなど大きなひずみが確認された。

   実測データに基づいた分析は初めてで、海保では「世界でも初めての画期的な成果」だと説明。論文は5月24日(日本時間)、英科学誌ネイチャー電子版にも掲載された。

  • 海上保安庁が公開したプレート境界の「ひずみ」の分布図。色が濃いほど「ひずみ」が大きい
    海上保安庁が公開したプレート境界の「ひずみ」の分布図。色が濃いほど「ひずみ」が大きい
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中