2020年 10月 26日 (月)

ベッキー珍報道でボコボコの長谷川豊 女子アナから「ガセ川」と呼ばれ、その時...

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   ベッキーさんと川谷絵音さんの不倫騒動に「独自」の視点で切り込んでいた元フジテレビアナウンサーの長谷川豊さんが、このほど、自らに付けられた不名誉なあだ名を甘んじて受け入れた。

   「ガセ川」――。インターネット上では、しばしばこう呼ばれていた。

  • 「友達で押し通す予定!(笑)」のLINEは本物(写真は2011年撮影)
    「友達で押し通す予定!(笑)」のLINEは本物(写真は2011年撮影)
  • 「友達で押し通す予定!(笑)」のLINEは本物(写真は2011年撮影)

「友達で押し通す予定!(笑)」は「存在しない」

   長谷川さんは2016年2月のブログで、数日内にベッキーさんが直筆メッセージで対応するという「大スクープ」をぶちあげ、大きな注目を集めた。しかし予言は見事に外れ、数日後のブログで釈明を余儀なくされた。

   さらに、流出した2人のLINEにあった「友達で押し通す予定!(笑)」という一文について「存在しない。ねつ造のはずです」と指摘していたが、5月13日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で、ベッキーさん本人が本物だと明かした。川谷さんも同日のブログで、一連のやりとりが全て本物であることを認めた。

   2月当時、長谷川さんは「あまり適当な報道すると、信頼、失うだけだぞ?」として、LINEのやりとりを事実のように伝えるメディアに釘を刺していたほどだったが、結果的に信用を失ってしまったのは、自分自身だった。

   2度の「誤報」を受け、ネット上では「ガセ」と「長谷川」を合わせた「ガセ川」という不名誉なあだ名が広がることとなった。

   そんな中、長谷川さんがMCを務める番組で「ガセ川」呼ばわりされている現実に向き合う機会が訪れた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中