2020年 6月 4日 (木)

ベッキー「優等生」発言、視聴者はこう見た 「完全復帰」はあるのか

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「ゲスの極み乙女。」川谷絵音さん(27)との不倫騒動で芸能活動を休止していたタレントのベッキーさん(32)が「ついに」生取材に応じた。2016年6月10日昼、BSスカパー!「FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~」の収録前に報道陣の質問に答えた。

   1月6日の緊急会見から約5か月ぶりの報道対応。お茶の間はこれをどう見たのか。

  • 終始、微笑みながら質問に応じたベッキーさん(2016年6月10日撮影)
    終始、微笑みながら質問に応じたベッキーさん(2016年6月10日撮影)
  • 時折、にこっと笑うことも
    時折、にこっと笑うことも
  • 白のブラウスに紺のスカートで登場
    白のブラウスに紺のスカートで登場
  • 最後には深々と頭を下げた
    最後には深々と頭を下げた
  • 終始、微笑みながら質問に応じたベッキーさん(2016年6月10日撮影)
  • 時折、にこっと笑うことも
  • 白のブラウスに紺のスカートで登場
  • 最後には深々と頭を下げた

少しふっくら、「ゼロから頑張りたい」

   取材対応が明らかにされたのは、2日前の6月8日、報道各社に届いた「フルコーラス」の収録参加を知らせるファクスだった。「当日は番組収録前にベッキーからお話を致します」とあり、スカパーから場所を提供してもらう事情から「限られた時間内での対応となります」との注意書きがあった。

   そして迎えた当日。現地には事前に申し込みした約100人の報道陣が詰めかけた。用意されたスタジオはやや狭く、記者たちは肩を触れ合わせながらベッキーさんの登場を待つ。緊迫した様子はなく、「入ってきて『両成敗』(ゲスの極み乙女。の楽曲)が流れたら面白いのに」などと雑談を交わす記者もいた。

   報道陣の前に立ったベッキーさんは、カメラのフラッシュを浴びながら笑顔で一礼し、

「今年に入ってからの一連の報道で多くの方々にご迷惑をおかけし、本当に申し訳ありませんでした。今日からまたお仕事をスタートさせていただくことになりました。ゼロから頑張りたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします」

と挨拶した。白いブラウスに紺のスカートとパンプスを合わせた上品なスタイルで、1月6日の会見時に比べると、目の下のクマもなく、ややふっくらした印象を受けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中