2019年 12月 8日 (日)

「小池百合子の乱」で自民大混乱? 動き出した都知事選「前哨バトル」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   元防衛相の自民党・小池百合子衆院議員(63)が東京都知事選(7月14日告示、31日投開票)に名乗りを上げ、名前が挙がっている著名人の中で先陣を切った。しかし、党内はまとまっていないと報じられており、戸惑いが広がっている。

   「東京をアベノミクスの第3の矢、成長戦略のけん引役にしたい」。小池百合子氏は、衆院議員会館内で2016年6月29日に行った出馬会見でこう強調した。

  • 舛添氏の後任は一体誰に?(2016年6月20日撮影)
    舛添氏の後任は一体誰に?(2016年6月20日撮影)

「アベノミクス」支持打ち出し、党内の異論をけん制?

   小池氏は、自民党議員として出馬を決めたと会見で説明しており、都知事として党の政策を支えたい立場を明確にした形だ。

   しかし、自民党東京都連は、舛添要一前都知事の政治資金問題を受けて、問題が出にくい「非国会議員」で調整し、中でも、前総務事務次官の櫻井俊氏(62)を推す声が強いと報じられている。

   そんな折の突然の出馬表明だけに、記者からは、「自民党から推薦や公認がなくても出馬するのか?」という疑問が出された。これに対し、小池氏は、「党内のしかるべき方には相談した」としながらも、「情勢を見極めたい」と繰り返す。所属する自民党都連の支援方針について聞かれると、「一切ない」と否定し、これから依頼したいと明かした。

   党内の支持が十分でない中で表明したのは、「アベノミクス」を人質に取ることで党内の異論をけん制する狙いがあるのかもしれない。もしそうだとすれば、したたかで計算高いとされる小池氏らしい戦略だ。

   都知事選では、後出しジャンケンが有利とされる中で、異例の「先出しジャンケン」とも言える会見になった。

   もっとも、小池氏のこうしたやり方については、都連から反発の声が相次いでいる模様だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中